2019年6月20日 (木)

KTWR・フレンドシップラジオ  ベリカード(6)

KTWR「フレンドシップラジオ」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その6)です。

 

(2015年)     12月のは、リスナー提供の、真空管ラジオ「ナショナルQA-700」の写真です。

190620-ktwre151206

中波と6~18MHzの短波が聴ける5球スーパーのようで、当時は、最新型高級ラジオだったのでしょう。マジック・アイが付いています。これは、周波数が同調すると、真上から見た上部が緑色に光る、目のような形になっている真空管(6E5)です。

 

東京で撮られた、「クリスマス・ツリーの、先端に掲げられた星(ベツレヘムの星)」の写真です。(番組担当者のちゃっきーさん撮影?)

190620-ktwre151220

 

リスナーによる、「KTWR日本語放送の受信風景」です。ラジオは、ソニーICF-SW7600GRなどを使われているようです。

190620-ktwre151213

 

リスナー提供の、フィンランドで撮影された、「バルト海に沈む夕日」の写真です。

190620-ktwre151227

 

(2016年)   1月のは、ちゃっきーさんが、2014年秋に撮影された、「日本晴れの弘前城」の写真です。

190620-ktwr-e-160103

ベリ記入の項目が日本語に、受信時間もUTCからJST表示になりました。

 

グアム島メリッソにある、「KTWR局舎全景と、送信電力補助用ソーラーパネル」の写真です。

190620-ktwre160110

KTWR局では、将来的には、ソーラーパネルによる発電で送信をすべてまかなう計画、のようです。

 

リスナー提供による、「神戸ルミナリエ」の写真です。ちょうど、会場の入口にあたるフロントーネのイルミネーションでしょう。

190620-ktwre160117

光の祭典「神戸ルミナリエ」は、1995年から毎年12月に「阪神淡路大震災」の犠牲者の鎮魂の意と、都市の復興・再生への希望をとの意図から、始められたものです。

 

中学生リスナーが、修学旅行で京都を訪れた時に撮影された、「銀閣寺」の写真です。

190620-ktwre160124

 

リスナー愛用のラジオ、「ナショナルRF-B30(プロシードB30)」の写真です。

190620-ktwre160131

 

 

 

 

2019年6月19日 (水)

KTWR・フレンドシップラジオ  ベリカード(5)

KTWR「フレンドシップラジオ」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その5)です。

 

(2015年)  10月のは、どれも、リスナーが撮影した写真が使われています。

「伊豆・下田港の朝、そして夕暮れ」と題する、2枚の風景写真です。

 

190619-ktwre151004

 

「函館山からの夕日」の写真です。

190619-ktwre151011

 

フランス北部・シャンパーニュ地方の、「ランスの街並み」の写真です。

190619-ktwre151018

フランス国王の戴冠式が行われた大聖堂があることで知られていて、王たちの都市とも呼ばれ、また、シャンパン醸造の一大中心地としても有名なところです。

 

ローマ・カトリック教会の総本山、「サン・ピエトロ大聖堂(1998年撮影、改修中)」の写真です。

190619-ktwre151025

 

11月のは、「初冠雪の富士山」の写真です。

190619-ktwre151101

田んぼに、刈り取られた稲をきれいに積み上げて乾燥させている風景は、晩秋を感じさせます。

 

リスナー愛用の通信型受信機、「TRIO R-300 と、KENWOOD R-2000」の写真です。

190619-ktwre151108_1

アマチュア無線やオーディオ機器などを製造していた「トリオ」のゼネラルカバレッジ受信機で、トリオはその後、「ケンウッド」というブランド名になりました。

 

宮崎県延岡市の秋の風物詩である、「鮎やな」の写真です。

190619-ktwre151115

川をせき止めてその一部に流れ口を作り、産卵のために川を下る鮎の習性を利用して、竹のスノコの上に落ちた鮎を採る、伝統漁法ということです。

 

埼玉県川越市の「川越まつり」の写真です。

190619-ktwre151122

川越藩の城下町として盛えた町で、「小江戸」の別名で知られています。お祭りでは、精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車(だし)が引き回され、夜には、山車と山車が出会った時にお囃子と踊りの競演で、盛り上がるのだそうです。

 

リスナー提供の、「BCLラジオがあるシャック(受信部屋)」の写真です。

190619-ktwre151129

一見すると、ソニーICF-5800(スカイセンサー5800)とICF-SW11を使われているようです。また、双眼鏡とフィールドスコープが置かれていますので、天体観測もされているようです。

 

 

 

 

2019年6月18日 (火)

KTWR・フレンドシップラジオ  ベリカード(4)

KTWR「フレンドシップラジオ」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その4)です。

 

(2015年)    8月のは、リスナーがグアムでのクルージング時に撮影した、「イルカの写真」です。

190618-ktwre150802

 

タモン湾の北端に突き出た岬、「恋人岬の写真」です。

190618-ktwre150809

高さ123mの断崖になっていて、その名は、スペイン統治時代に、チャモロの娘が、結婚を迫るスペイン人総督から逃れ、恋人と永遠の愛を誓い、髪を結びあってこの岬から身を投げた、という伝説から付けられたという話です。

 

リスナー提供による、「しまなみ海道(来島海峡大橋)の写真」です。

190618-ktwre150816

来島海峡SAから大島を望む風景で、芸予諸島の島々を縫う、風光明媚な瀬戸内海の景色が楽しめる「西瀬戸自動車道」(しまなみ海道)が通っています。

 

リスナー提供による、石川県の白山に咲いている、高山植物の「クロユリの花の写真」です。

190618-ktwre150823

 

兵庫県のリスナーが自作した、「31mb短波受信機」です。

190618-ktwre150830

 

9月のは、埼玉県のリスナー提供による、栃木県の「那須野が原の稲穂の写真」です。

190618-ktwre150906

 

リスナー愛用のBCLラジオ、「National RF-1150(クーガ115)」です。

190618-ktwre150913

 

リスナー宅で飼われている、「ウサギの写真」で、名前は「ぴーちゃん」とのことです。

190618-ktwr-e-150920

 

リスナー愛用のBCLラジオ、「National RF-2200(クーガ2200)」です。

190618-ktwre150927

 

(この時期は、番組がうまく送出できなかったり、途中で中断するなど、グアム局のトラブルが発生していました)

 

 

 

 

2019年6月17日 (月)

KTWR・フレンドシップラジオ  ベリカード(3)

KTWR「フレンドシップラジオ」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その3)です。

 

(2015年)  6月のは、グアム南部のウマタックにある、スペイン統治時代の遺跡、「ソレダッド砦の写真」です。

190617-ktwre150607

マニラ-アカプルコ間の、スペイン交易船を海賊から守るために、高台に築かれた砦(警備隊遺構) で、その後、修復・復元され、周辺は公園になっているようです。

 

ハガニア(旧称アガニャ)にある、「聖母マリア大聖堂の写真」です。

190617-ktwre150614

1669年にグアムで初めて建てられたカトリック教会で、現在あるのは1958年に再建されたものだそうです。教会の大聖堂には、「聖母マリア・カマリン像」が安置されていて、グアムを護る守護聖人として崇められているそうです。

 

6月21日のベリから、リスナーが提供した写真が、使われています。

 

兵庫県のリスナーが撮影した、上高地に咲いている「ニリンソウ(二輪草)」です。

190617-ktwre150621

(提供された写真は、フレンドシップラジオのHPトップ画面にも、使われるようになりました)

 

神奈川県のリスナーが提供した、「新緑をともに通り抜け」と題する写真が、使われています。

190617-ktwre150628

 

7月のは、ハガニア地区にある、「スペイン広場」です。1736年~1898年にかけて、スペイン総督の邸が置かれていて、その跡に今も残る「石造りの門の写真」です。

190617-ktwre150705

 

新潟県のリスナー愛用のBCLラジオ、サンヨー製「パルサーRP-8700」です。

190617-ktwre150712

このモデルは、1975年に発売されたもので、BCLブームの頃は、ソニー、松下、東芝、日立、三菱、三洋などの家電メーカーが、短波が聴けるラジオを数多く発売していました。

 

東京の「首都高速5号線に懸かる虹」です。

190617-ktwre150719

 

「湘南海岸から見た、江の島の写真」です。これらは、リスナーからの提供写真、と思われます。

190617-ktwre150726

 

 

 

 

 

 

2019年6月16日 (日)

KTWR・フレンドシップラジオ  ベリカード(2)

グアムからの、KTWR「フレンドシップラジオ」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その2)です。

 

(2015年)     4月ので、イースターにちなみ、「シラユリの写真」です。

190616-ktwr-e-150405

 

「メリッソ送信所局舎の写真」です。

190616-ktwr-e-150412

 

「送信用オートメーションシステムの写真」です。

190616-ktwr-e-150419

(厳密には、上の2枚には、JST時間表記のがあります)

 

「KTWR局舎と、送信アンテナ群の写真」です。「試験放送終了記念」とありますので、アナログ短波テスト放送期間が終了したようです。

190616-ktwre-150426

 

5月ので、「ラッテストーン公園の写真」です。

190616-ktwre150503

5月3日から、本放送になったようで、あわせて、受信時のSINPOコード、使用受信機、アンテナの種類も、カードに記入されるようになりました。

 

「送信所のアンテナ線の写真」です。送信電波が途中で停波するという、アクシデントがありました。

190616-ktwre150524

 

「グアム島の行政区分地図と、太平洋の中の島の位置図」になっています。

190616-ktwre150531

 

 

 

 

 

2019年6月15日 (土)

KTWR・フレンドシップラジオ  ベリカード(1)

グアムからの、KTWR「フレンドシップラジオ」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その1)です。

 

2014年11月2日より、毎週日曜日の夜9:15から、30分間のアナログ日本語放送が、9975 kHzで開始されました。これまでの「太平洋の声」に代わり、新たな番組制作は「一般社団法人ビー・ジャパン」となり、名称も「フレンドシップラジオ」に変わりました。

 

この年の12月までは、受信レポートをフレンドシップラジオ宛にメールすると、KTWRグアム局から紙のベリカードが返信されてくる方式になっていました。

 

(2014年)  「夕焼け時の、アンテナ群の写真」です。

190615-ktwr141102

 

「タロフォフォ湾の写真」です。

190615-ktwr141228

上の2枚は、KTWR局から送られてきたものです。(ただ、ムラがあり、全レポートに対しての返信は、ありませんでした)

 

(2015年)      この年1月から、「フレンドシップラジオ」へ受信レポートを送ると、FRからEベリが直接返送されてくる方式になりました。(KTWR局からの返信がうまくいかない点が、改善されました)

 

1月ので、「メリッソ送信所局舎の写真」です。

190615-ktwr-e15011821

 

2月ので、「送信用オートメーションシステムの写真」です。

190615-ktwre150201    190615-ktwre150208

(右は、Life Changing Radioの文字が大きくなり、日本語字体がゴシックに)

 

3月ので、アンテナタワーの先端に登って撮ったと思われる、「KTWR局舎と、送信アンテナ群の写真」です。

190615-ktwre150301

 

この頃の、Eベリ写真は、月替わりでした。

 

 

 

 

 

 

2019年6月14日 (金)

KTWR・太平洋の声  ベリカード (8)

グアム島からの、KTWR「太平洋の声」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その8)です。

 

(2003年頃から、しばらくKTWRを聴きませんでしたので、ベリはありません)

 

(2006年)  「タロフォフォ湾の写真」です。「Life Changing Radio」という、キリスト教局のキャッチコピーが入るようになりました。 

190614-ktwr06

 

(2007年)  「夕焼け時の、アンテナ群の写真」です。

190614-ktwr07

 

KTWR「太平洋の声」日本語放送は、この年の3月24日で終了してしまいました。

そして、日本語終了後は、KTWR「英語放送」を聴き、いただいたベリカードです。 

 

(2014年)  「タロフォフォ湾の写真」です。

190614-ktwr1412

 

(2015年)  「夕焼け時の、アンテナ群の写真」で、「Life Changing Radio」の文字が入ったものです。

190614-ktwr14

これは、2015年3月13・14日、大型サイクロンが南太平洋のバヌアツ共和国を襲い、人口の半分に当たる約13万人が被災したため、「BBC」 がバヌアツ向けの情報提供として、KTWRの11695kHzを使って1時間の放送をした時期 (3月30日~4月27日) のものです。

 

さて、KTWR日本語放送ですが、「DRM(Digital Radio Mondiale) 短波放送」が、2014年3月30日~9月28日の日曜日に実施され、番組制作は、現在のフレンドシップラジオが担当されたということです。ただ、DRMが聴ける受信機を持っていませんので、聴いたことがありません。

 

その後ですが、「フレンドシップラジオ」が、2014年11月2日の日曜日から、「アナログによる短波放送」が行われるようになりました。

 

次回からは、「KTWR・フレンドシップラジオ」のベリカードの紹介になります。

 

 

 

2019年6月13日 (木)

KTWR・太平洋の声  ベリカード (7)

グアム島からの、KTWR「太平洋の声」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その7)です。

 

(1999年)      「イースター特別番組」のです。“The Way to Heaven”(天国の道)にちなんでか、「虹がかかった道路の写真」で、道路標識が十字架に、その下の標識も“J4U”(Jusus for you) に変えられています。

190613-ktwr99j4u

 

「世界がターゲット! ICF-SW07まるかじり!」と題して、ICF-SW07の製品化を担当した、ソニーの技術者を招いた特別番組が放送されました。その時の「スタジオの様子」が、カードになっています。

190613-ktwr990613

 

クリスマス特別番組「Joy to the world ・あなたが来てくれたから」を聴いたもので、グアムのショッピングモール? に飾られている、「クリスマスツリーの写真」です。 

190613-ktwr99xmas

 

(2000年)     「イースター特別番組」のです。「タモンロードに咲く、プルメリアの花の写真」です。

190613-ktwr00easter

 

(2001年)   クリスマス特別番組 (ハートフルホリデー第14弾) 「Love Christmas for you!~きかせてよ、愛の歌(キャロル)」を聴いたもので、「グアム島の形のデザイン」のです。

190613-ktwr01xmas 

 

(2002年)    「クリスマス特別番組」のです。「誕生~かけがえのないあなた」を聴いたものです。いつもと違っていて、12月8日に最大風速93m/Sの猛烈な巨大台風「ポンソナ」がグアムを襲い、グアム史上多大の被害を与えました。各地で倒壊、浸水、停電、断水とライフラインが被害を受けました。

190613-ktwr02tyhoonxmas

KTWRのアンテナもダメージを受けて、「修理している写真」になっています。

KTWR「太平洋の声」では、「ハートフルホリデー」と銘打った特別番組が、イースターとクリスマスの年2回行われていて、特別なベリカードが発行されていました。

 

2019年6月12日 (水)

KTWR・太平洋の声  ベリカード (6)

グアム島からの、KTWR「太平洋の声」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その6)です。

 

(1996年)    「イースター記念番組」のです。「放送スタッフの似顔絵」のようです。

190612-ktwr96easter

 

(1997年)    「イースター記念番組」のです。「イースターエッグの写真」で、復活祭(イースター)の休日や春の到来を祝うための、特別に飾り付けられた鶏卵です。卵は、リスナーヘのプレゼント品、とのことです。

190612-ktwr97easter

 

「GUAM-USA America’s Asian Paradise」の文字が入っている、グアム海岸風景で、「タロフォフォ湾の写真」です。

190612-ktwr97guamasia

 

20周年記念行事で、「KTWR放送局を訪問した日本人見学者と、現地スタッフの集合写真」です。

190612-ktwr970920thanniv

 

これも20周年記念で、「メリッソ送信所のアンテナの写真」です。

190612-ktwr9720thmerizo

 

(1998年)   「クリスマス特別番組」を聴いたもので、「Gift for Jusus from ラブ愛ランド~愛の島からあなたに」のタイトルでした。

190612-ktwr98xmas

 

 

 

2019年6月11日 (火)

KTWR・太平洋の声  ベリカード (5)

グアム島からの、KTWR「太平洋の声」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その5)です。

 

(1992年)    まずは、「KTWR緊急ニュース!」という、東京支局からのハガキです。8月末に台風がグアム島を襲い、停電になって放送が困難になり、朝の放送のみを小出力20kWで放送しているというお知らせです。

190611-ktwr92news1

もう1枚は、11月22日の台風による停電で、月末ごろまでは停波せざるを得ないというお知らせです。この年は台風の当たり年で、被害も多かったようです。

190611-ktwr92news2

 

5周年になる、「DX Listener’s Log」という番組の記念カードのようです。「短波の飛び方を図式したデザイン」になっています。

190611-ktwr92

表面です。100kW送信機が2台、アンテナが2基とあるので、ずっと以前のカードが残っていたようです。

190611-ktwr92front

 

「ランの花」の絵ハガキを利用したものです。

190611-ktwr92yecommemo

12月20日放送の「YE(ヤングエコー)公開録音番組」と、「大上均・支局長のグアム就任を記念」したものになっています。

 

(1993年)   「ヤシ葉と少女を描いた、4コマ風のイラスト」です。93年デザイン公募優秀作で、新潟県の関谷朝之さんの作品が採用されています。

190611-ktwr93designcont2

 

ニミッツヒルにある、「短波KTWR局と中波KTWG局の、オフィス兼スタジオ局舎の写真」のカードです。

190611-ktwr93835thanniv

この年にいただきましたが、1983年の「開局5周年を記念」して作られたもののようです。

 

同じような、「局舎がイラスト」になっているものです。

190611-ktwr93guamoffice

 

「世界地図」とともに、「新約聖書・テサロニケの信徒への第一の手紙・第1章5節」が書かれたカードです。

190611-ktwr93worldmap

「私たちの福音があなたがたに伝えられたとき、それは言葉だけによらず、力と聖霊と強い確信とによったからである」の言葉になっています。

 

 

 

 

«KTWR・太平洋の声  ベリカード (4)