« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

中国国際放送 ベリカード (63)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その63)です。

 

 (2013)   Eベリで、「中日国交回復40周年記念・自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズの、続きです。

 

三重県名張市にある、「赤目四十八滝」の写真です。修験道の開祖である、役行者の修行場になっていたと言われ、地名の由来は、役行者が修行中に赤い目の牛に乗った不動明王に出会った、との言い伝えからとされています。

190131_crie130740akame

 

河南省固始県にある、「陳氏将軍祠」の写真です。唐代に活躍したという、陳元光と言う人が英雄化され、地域の守護神として祀る神社? のようです。

190131_crie130741kanan

 

河南省浚県の、「大伾山大石仏」の写真です。石壁を削って完成させた、高さ20mをこえる仏像は、中国最古の巨大石仏と言われているそうです。

190131_crie130742daibutsu

 

「中国国際園林博覧会」会場の、「フフホト園」の写真です。内モンゴル自治区特有のパビリオンが建っているようです。

190131_crie130743fufuhotoeni

 

海南省の「海口市」の写真です。海南島の北側に位置している港町、だそうです。

190131_crie180844kaiko

 

 

 

 

 

 

2019年1月30日 (水)

中国国際放送 ベリカード (62)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その62)です。

 

 (2013)   Eベリで、「中日国交回復40周年記念・自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズの、続きです。

 

長野県の、「安曇野」の写真です。流れている川は、梓川なのでしょうか。

190130_crie130535azumino

 

浙江省杭州市にある、「西湖」の写真です。杭州市西郊にあることから、西湖と呼ばれていて、元々は干潟で、非常に水深の浅い湖だとのことです。

190130_crie1306_36saiko

 

静岡県浜松市にある、「浜松城」の写真です。徳川家康が1570年に、「曳馬城」に入城し、「浜松城」と改称して、その後、城域の拡張や改修を行い、城下町の形成を進めたそうです。

190130_crie130637_hamamatsu

 

静岡県清水市にある、「三保の松原」の写真です。三保半島の東側に広がる景勝地で、駿河湾を挟んで望む富士山や、伊豆半島の美しい眺めで有名です。

190130_cri_e_130638miho

 

北京で開催された、「第9回中国国際園林博覧会」の、「万花錦綉谷」の写真です。

190130_crie130639garden

 

 

 

 

2019年1月29日 (火)

中国国際放送 ベリカード (60)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その60)です。

 

 (2013)   Eベリで、「中日国交回復40周年記念・自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズの、続きです。

 

 神奈川県藤沢市の鵠沼海岸にある、湘南海岸公園の「聶耳記念広場」の写真です。

190129_crie130431fujisawa


中国国歌・義勇軍進行曲の作曲者である、聶耳(ニエ・アル) 1935年、ここで遊泳中に水死したことから、有志により記念碑が建てられた、とのことです。

 

神奈川県川崎市の、「川崎大師表参道」の写真です。

190129_crie130432kawasaki


当時の武士であった平間兼乗が海中へ網を投げ入れたところ、弘法大師の木像を引き揚げたとの由来のある、1128年に建立された「平間寺」が、通称、川崎大師と呼ばれています。

 

河北省の、「蔚(うつ)県の繁華街」の写真です。切り紙の街として知られ、剪紙芸術祭が開催されたようで、通りに面した店々の窓には、切り絵作品が多数貼られています。

190129_crie_1305_33_kirie

 

長野県諏訪市にある、「高島城」の写真です。かつては、諏訪湖に突き出した水城で、「諏訪の浮城」とも呼ばれるそうです。

190129_crie130534takashima

 

「第9回中国国際園林博覧会」の写真です。

190129_cri_e_130535_enrin


北京で、2013518日から11月18日まで開催された、パビリオンの写真です。この博覧会では、マスコットが作られているようで、「園園」という女の子が、左下に描かれています。

 

 

2019年1月28日 (月)

中国国際放送 ベリカード (60)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その60)です。

 

 (2013)   Eベリで、「中日国交回復40周年記念・自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズの、続きです。

 

熊本県山都町にある、「通潤橋」の写真です。1854年に造られた、石造のアーチ水路橋です。ここからの放水は、有名になっています。

190128_crie130226tsujunkyo

 

安徽省黄山市にある、「宏村」の写真です。明や清代の歴史建築が数多く残っている村落で、家々をめぐる水路もあって、世界文化遺産になっているそうです。

190128_crie130327anki

 

高知県室戸市にある、太平洋に面する「室戸岬」の写真です。

190128_crie130328muroto

 

高知県南国市にある、「国分寺」の写真です。四国88か所霊場の29番札所になっています。

190128_crie130329kokubunji

 

遼寧省瀋陽市を流れる、「渾河」の写真です。遠くの方に、2008年に完成した「三好橋」が写っています。

 

 

190128_crie130430ryoneisinyo

 

 

2019年1月27日 (日)

中国国際放送 ベリカード (59)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その59)です。

 

 (2013)   Eベリで、「中日国交回復40周年記念・自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズの、続きです。

 

岸和田の「だんじり祭」の写真です。大阪府岸和田市で毎年9月に行われている祭で、町内ごとに総ひのき造りのだんじり(地車)を引き回す、勇壮な催しです。

190127_crie130120kishiwada


 

 

大阪府堺市の「山口家住宅」の写真です。江戸時代初期に建てられた町家で、現在、堺市立町家歴史館・山口家住宅として公開されています。

190127_crie130121sakai

 

「上海・黄浦江の夜景」の写真です。高層ビルが林立する、上海市街地を流れる長さ97kmの川で、下流で長江に合流して、東シナ海に流れ込んでいます。

190127_crie130122shanhai

 

「広西・桂林」の写真です。広西チワン族自治区にあり、石灰岩地形が変化のある、美しい風景を造りだしています。

190127_crie130224kosei_2


「熊本城」の写真です。加藤清正が中世城郭を取り込み改築したと言われ、江戸時代は熊本藩細川家の居城となりました。2016年の熊本地震で被災し、石垣などの復元・復興工事が行われています。

190127_crie130225kumamoito

 

 

 

 

 

 

2019年1月26日 (土)

中国国際放送 ベリカード (58)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その58)です。

 

 (2012)   Eベリで、「中日国交回復40周年記念・自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズの、続きです。

 

沖縄県の「竹富島の、星の砂の写真」です。星の形をしている砂は、有孔虫の殻だそうです。

190126_crie121115hoshisuna


 

 

福建省永定県の土楼と言うところの、「干し柿?の写真」です。

190126_crie121116hukken

 

四川省の「九寨溝(きゅうさいこう)の写真」です。大小100以上の沼が連なる、カルスト地形の淡水の湖水地帯です。

190126_crie121217kureiko

 

広島県の「宮島の写真」です。厳島神社の、境内からの眺めのようです。

190126_crie121218miyajima

 

広島県福山市の「福山城の写真」です。戦時中に空襲にあって焼失したため、1966年に天守、月見櫓、御湯殿が復興されたそうです。

190126_crie121219fukuyama

 

 

2019年1月25日 (金)

中国国際放送 ベリカード (57)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その57)です。


 

(2012)   Eベリで、「中日国交回復40周年記念・自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズの、続きです。

 

江西省南昌市にある、「八一広場の記念碑」の写真です。人民解放軍発祥の地で、南昌起義のあった81日にちなみ、「八一」という名前が付けられているようです。

190125_crie120711hachiichi

 

愛知県犬山市にある、「犬山城」の写真です。1469年に織田広近が築城し、織田信康が改修して築いた城と言われています。

190125_crie120812inuyama

 

江蘇省蘇州市にある、「胥門(しょもん)」の写真です。蘇州城(今の旧市街)を囲む8つの門の1つだそうです。

190125_crie120813sosyu

 

和歌山県・金剛峰寺の、「蟠龍庭」の写真です。枯山水の庭で、「蟠龍(ばんりゅう)」とは、天に昇れるはずなのに、なぜか、地上で蛇のようにトグロを巻いて様子をうかがっている龍のことを意味するそうです。

190125_crie121014kongobuji

 

沖縄県・竹富島の、「水牛車」の写真です。竹富島観光と言えば、屋根の付いた水牛が引く車に乗って島めぐりをする、のが目玉です。

190125_crie121115taketomi


 

 

 

 

2019年1月24日 (木)

中国国際放送 ベリカード (56)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その56)です。

 

 (2012)   Eベリの「中日国交回復40周年記念・自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズの、続きです。

 

陝西省西安市にある、「始皇帝陵兵馬俑坑」いわゆる「兵馬俑」の写真です。

190124_crie12066heibayo

 

中国共産党の根拠地で、革命の聖地とも呼ばれている、「陝西省の延安」の風景です。

190124_crie12067enan

 

香川県の北西部にある、「荘内半島」の風景写真です。半島の北側は備讃瀬戸、西側は燧灘が広がっているので、三崎半島とも呼ばれているそうです。

190124_crie12068syonaii

 

岐阜県可児郡御嵩町にある、「願興寺」の写真です。天台宗の開祖・最澄の創建によるものと言われているそうです。

190124_crie12079gankoji

 

岐阜県美濃市にある、「長良川発電所」の写真です。明治43年に建築された、赤煉瓦造りの水力発電所、とのことです。

190124_crie120710nagara

 

 

 

 

2019年1月23日 (水)

中国国際放送 ベリカード (55)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その55)です。


(2012)   Eベリの新シリーズが始まりました。「中日国交回復40周年」を記念する、「自慢の故郷・魅力の近隣」のシリーズです。

日本や中国のリスナーに呼びかけ、この趣旨にふさわしい写真が募集され、それらが採用され、使われています。日本人が撮影した、中国の風景もあります。

まずは、「北京の天安門広場」の写真です。

 

190123_crie12044tenanmon

東京浅草の「浅草寺表参道」です。雷門から浅草寺へと続く、「仲見世通り」でもあります。

 

190123_crie12042asakusa


黒龍江省の「ハルビン市の中央大通り」の風景です。ロシア統治時代の建築物が数多く残っているようです。

190123_crie12043harbin


北海道積丹町にある、「神威岬」です。岬の先の海中には、「神威岩」がそそり立っています。

190123_crie12054kamui


「札幌市時計台」の写真です。高層ビル群に囲まれていますが、札幌のシンボルになっています。

190123_crie12055sapporo

 

 

 

2019年1月22日 (火)

中国国際放送 ベリカード (54)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その54)です。

(2012)   「CRI開設70周年」で、外国語放送の、「リスナーから贈られた記念品」を紹介するEベリ・シリーズの、続きです。

「パシュート語放送」です。アフガニスタンやパキスタン西部に住む人々が話す言語だそうです。民芸品や飾り物などが置かれています。

190122_crie120234pashuto


「ブルガリア語放送」です。人形や本などが置かれています。

190122_crie120335burgalia


「シンハラ語放送」です。スリランカで話されている言葉です。民芸品や写真などが置かれています。

190122_crie120336sinhara


「ネパール語放送」です。絵や飾り物などが置かれています。

 

190122_cri_e_1203_37nepal


「ハンガリー語放送」です。民芸品や飾り物などが置かれています。

190122_crie120438hungary


 Eベリの、「リスナーから贈られた記念品」を紹介するシリーズは、これで終わりです。

 

 

 

 

 

2019年1月21日 (月)

中国国際放送 ベリカード (53)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その53)です。

 

 (2012)   「CRI開設70周年」で、外国語放送の、「リスナーから贈られた記念品」を紹介するEベリ・シリーズの、続きです。

 

「チェコ語放送」です。民芸品や本などが置かれています。

190121_crie120129czeko

 

「ポーランド語放送」です。飾り物や本などが置かれています。

190121_crie120130poland

 

「ルーマニア語放送」です。民芸品や絵皿などが置かれています。

190121_crie120131romania

 

「ベンガル語放送」です。バングラデシュやインドの西ベンガル州などで話されている言葉です。手芸品や人形などが置かれています

190121_crie120232bengal

 

「アルバニア語放送」です。飾り物や人形などが置かれています。

190121_crie120233arbania

 

 

2019年1月20日 (日)

中国国際放送 ベリカード (52)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その52)です。

 

 (2011)   Eベリ・シリーズの続きで、「中国国際放送(北京放送)開局70周年」(1941.12.3-2011.12.3) の記念カードです。

 

カードは、放送開始当時の、陝西省延安での新華広播電台(XNCR=中国XNew Chinese Radio) と初代日本語アナウンサー・原清志(日本名・原清子)さんの顔写真、北京放送局、現在の中国国際放送局の局舎の写真が取り上げられています。

190120_cri_70th11

 

最初のCRI外国語放送は、日本語によるものでしたので、日本語放送も開設70周年になります。

 

初代アナウンサーの原さんは、日本に留学していた中国人男性と結婚したため中国に渡り、その後、共産党員の夫と共に延安に向かい、アナウンサーを務めるようになったのだそうです。当時は、十分な設備もないヤオトン(洞窟住居)のスタジオから日本兵に戦いを止めるよう呼びかける放送だった (戦火の中でしたので、日本語放送は1週間に僅か30分間だけ) と言われています。

 

Eベリではない、普通の記念ベリでも、同じような写真を使ったカードが、発行されました。

190120_cri111203cri70th

 

 (以前の北京放送時代、日本語放送の開始日は、1949620日でした。北京からの放送開始より、もっと前から延安から放送されていた、とされたからです)

 

 

2019年1月19日 (土)

中国国際放送 ベリカード (51)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その51)です。

 

 (2011)   「CRI開設70周年」で、外国語放送の、「リスナーから贈られた記念品」を紹介するEベリ・シリーズの、続きです。

 

「ハウサ語放送」です。ナイジェリア北部からニジェール南部にかけて用いられる言葉のようです。民芸品や本などが置かれています。

190119_crie111023hausal

 

「タミル語放送」です。南インドのタミル人が使っている言葉です。人形や民芸品などが置かれています。

190119_crie111124tamil

 

「モンゴル語放送」です。民芸品や絵などが置かれています。

190119_crie111125mongol

 

「エスペラント語放送」です。国際語として、世界中に100万人程度は使えると推定されている言葉ですが、エスペラントを公用語としている国は存在しないそうです。楯や本などのほかに、ダルマも置かれています。

190119_crie111126esperant

 

「フィリピン語放送」です。フィリピン語とは、タガログ語なのでしょう。置き物や手紙などが置かれています。

190119_crie111227tagalog

 

「ウルドゥー語放送」です。北インドを中心に、話されている言葉のようです。楯や飾り物などが置かれています。

190119_crie111228urdo

 

 

 

 

 

 

2019年1月18日 (金)

中国国際放送 ベリカード (50)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その50)です。

 

 (2011)   CRI開設70周年」で、外国語放送の、「リスナーから贈られた記念品」を紹介するEベリ・シリーズの、続きです。

 

「ポルトガル語放送」です。人形や写真などが置かれています。

190118_crie110918portugal

 

「イタリア語放送」です。サッカーボールや人形などが置かれています。

190118_crie110919italy

 

「セルビア語放送」です。ワイン瓶や写真などが置かれています。

190118_crie110920serbia

 

「スワヒリ語放送」です。アフリカ東岸部のケニア、タンザニア、ウガンダ、ルワンダで、公用語となっているようです。民芸品や写真などが置かれています。

190118_crie111021swahilii

 

「辛亥革命100周年記念」(1911.10.10-2011.10.10) のカードです。孫文像がある、「武漢市の辛亥革命博物館(辛亥革命武昌起義記念館)」の風景写真になっています。

190118_crie111010singai

 

「ロシア語放送」です。民芸品や人形などが置かれています。

190118_crie111022russia

 

 

 

 

2019年1月17日 (木)

中国国際放送 ベリカード (49)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その49)です。

 

(2011)   Eベリです。「中国共産党成立90周年」を記念したカードで、1921723日~31日に、第1回全国代表大会が上海・フランス租界内の望志路106号(現在の興業路76号)にあった、上海代表の李漢俊宅で開催されました。現在は、中共一大会址記念館になっているようです。

190117_cri1107eshanhi

 

CRI開設70周年」で、外国語放送の、「リスナーから贈られた記念品」を紹介するEベリ・シリーズの、続きです。

 

「アラビア語放送」です。民芸品や飾り物などが置かれています。

190117_cri1107e13arabia

 

「フランス語放送」です。人形や書物などが置かれています。

190117_cri1107e14france

 

「マレー語放送」です。マレーシアやシンガポールなどで使われている言葉です。写真や楯などが置かれています。

190117_crie110815malay

 

「ヒンディー語放送」です。インドの中部や北部で話されている言葉です。写真や飾り物などが置かれています。

190117_crie110816hindy

 

「ドイツ語放送」です。絵皿や置き物などが置かれています。

190117_crie110817germany

 

 

 

 

2019年1月16日 (水)

中国国際放送 ベリカード (48)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その48)です。

 

(2011)  「CRI開設70周年」で、外国語放送の、「リスナーから贈られた記念品」を紹介するEベリ・シリーズの、続きです。CRI局舎内に置かれている、展示ケースを写したもののようです。

 

「ベトナム語放送」です。絵画や書物などが置かれています。

190116_cri1105e7vietnam

 

「スペイン語放送」です。人形や飾り物などが置かれています。

190116_cri1105e8spain

 

「ラオス語放送」です。飾り物や写真などが置かれています。

190116_cri1105e9laos

 

「朝鮮語放送」です。楯や置き物などが置かれています。

190116_cri1106e10chosen

 

「カンボジア語放送」です。飾り物や写真などが置かれています。

190116_cri1106e11cambodia

 

「ペルシア語放送」です。壺や民芸品などが置かれています。

190116_cri1106e12persia

 

 

 

 

2019年1月15日 (火)

中国国際放送 ベリカード (47)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その47)です。

 

 (2011)   Eベリの続きになりますが、「中国民族のシリーズ」が終わり、この年に「CRI開設70周年」を迎えることもあって、CRIが放送している外国語放送の、「リスナーから贈られた記念品」を紹介するシリーズとなりました。

 

使われている写真は、CRI局舎内に置かれている、展示ケースを写したもののようです。

 

「日本語放送」です。日本人形やお面、「日中友好」と書かれた色紙などが置かれています。

190115_cri1103_e1japanese

 

「英語放送」です。クマのぬいぐるみや陶器などが置かれています。

190115_cri1103_e2english

 

「中国語放送」です。サッカーボールや蝋燭立などが置かれています。

190115_cri1103_e3chinese

 

「ビルマ語放送」です。人形や飾り物などが置かれています。

190115_cri1104_e4burma_2

 

「インドネシア語放送」です。織物や写真などが置かれています。

190115_cri1104_e5indonesia

 

「タイ語放送」です。多くの民芸品などが置かれています。

190115_crie1104e6thai

 

ただ、展示品に当てられている照明がスポットライトのようで、あまり全体が明るくなく、見てもよくわからないのがちょっと残念です。

 

 

2019年1月14日 (月)

中国国際放送 ベリカード (46)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その46)です。

 

(2013)  「中華民族大家族」シリーズの、その続きです。

 

 51番は、「コーラオ族」です。人口43万人あまり、貴州省、雲南省、チワン族自治区に住んでいて、多神教を信仰しているそうです。

190114_cri1308no51

 

 52番は、「チャン族」です。人口20万人ほど、主に四川省に居住し、万物に霊魂があるとする古来からの宗教やラマ教を信仰しているそうです。

190114_cri1308no52chan

 

 53番は、「トウチャ族」(土家族)です。湖南省、湖北省、四川省に住み、人口は約570万人。

190114_cri130953tocha

 

 54番は、「シェー族」です。福建省、浙江省に住み、人口約64万人ということです。

190114_cri1311no54shie

 

 55番は、「高山族」です。人口40万人ほど、台湾の山間部や東部沿海部に居住しているそうです。

190114_cri1312no55takayama

 

 56番は、「漢族」です。人口は13億人、中国最大数の民族です。

190114_cri1401no56kan

 

これで、「中華民族大家族」シリーズのベリは、終わりです。

 

 

2019年1月13日 (日)

中国国際放送 ベリカード (45)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その45)です。

 

 (2013)  「中華民族大家族」シリーズの、その続きです。

 

 46番は、「ジン族」(京族)です。人口2万人あまり、江西省南部に住み、祖先崇拝と海の神信仰だそうです。

190113_cri1302no46jin

 

 47番は、「マオナン族」(毛南族)です。人口7万人あまり、広西チワン族自治区に住んでいて、道教を信仰しているそうです。

190113_cri1304_no47maonan

 

 48番は、「モーラオ族」です。広西チワン族自治区に住み、人口は16万人あまり。道教や仏教を信仰しているそうです。

190113_cri1305_no48morao

 

 49番は、「シュイ族」(水族)です。貴州省に住み、人口約35万人ということです。

190113_cri1306no49_sui

 

 50番は、「プイ族」です。人口250万人ほど、貴州省、雲南省、四川省に住み、キリスト教を信仰しているそうです。

190113_cri1312_no50bui

 

 

2019年1月12日 (土)

中国国際放送 ベリカード (44)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その44)です。

 

(2012)  「中華民族大家族」シリーズの、その続きです。

 

 41番は、「ドアン族」です。雲南省に住み、小乗仏教や古来からの宗教を信仰しているそうです。

190112_cri1210no41doan

 

 42番は、「ラフ族」です。人口42万人あまり、雲南省に住んでいて、大乗仏教、キリス教、古来からの多神教を信仰しているそうです。

190112_cri1211no42rafu

 

 43番は、「プーラン族」(布朗族)です。雲南省に住み、人口は8万人あまり。ここで、プーアル茶を栽培しているそうです。

190112_cri1212no43puran

 

 44番は、「ダイ族」です。雲南省に住み、人口約100万人、小乗仏教を信仰しているそうです。

190112_cri1301_no44dai

 

 (2013)  45番は、「ジヌオ族」です。人口2万人ほど、雲南省に住み、祖先崇拝を信仰しているそうです。

190112_cri1301no45jinuo

 

 

2019年1月11日 (金)

中国国際放送 ベリカード (43)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その43)です。

 

 (2012)  「中華民族大家族」シリーズの、その続きです。

 

 36番は、「リースー族」です。雲南省に住み、キリスト教や古来からの宗教を信仰しているそうです。

190111_cri1205no36lisuu

 

 37番は、「ヌー族」(怒族) です。人口3万人あまり、雲南省西部に住んでいて、万物に霊魂があるとする古来からの宗教を信仰しているそうです。

190111_cri1206no37nuu

 

 38番は、「トーロン族」(珞巴族)です。雲南省に住み、人口は6千人あまりだそうです。

190111_cri1207no38toron

 

 39番は、「ジンプォ族」です。雲南省に住み、人口約12万人、古来からの多神教を信仰しているそうです。

190111_cri1207no39jinpu

 

 40番は、「アンチョン族」(阿昌族)です。人口3万人あまり、雲南省西部に住み、小乗仏教を信仰しているそうです。

190111_cri1209no40anchon

 

 

2019年1月10日 (木)

中国国際放送 ベリカード (42)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その42)です。

 

 (2011)  「中華民族大家族」シリーズの、その続きです。

 

 31番は、「ウイグル族」です。新疆ウイグル自治区に住んでいて、人口約721万人だそうです。

190110_cri1112no31uigul

 

 (2012) 32番は、「タジク族」です。人口3万人あまり、新疆ウイグル自治区南西部に住んでいて、イスラム教を信仰しているそうです。

190110_cri1201no32tajiku

 

 33番は、「ロバ族」(珞巴族)です。チベット自治区南東部に住み、人口2千人あまり、万物に魂があるとする古来からの宗教を信仰しているそうです。

190110_cri1202no33luoba

 

 34番は、「メンパ族」(族)です。チベット自治区南東部に住み、人口7千人あまり、ラマ教を信仰しているそうです。

190110_cri1202no34menba

 

 35番は、「ブミ族」(普米族)です。人口3万人あまり、雲南省に住み、ラマ教、道教、古来の多神教を信仰しているそうです。

190110_cri1203no35bumi

 

 

2019年1月 9日 (水)

中国国際放送 ベリカード (41)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その41)です。

 

 (2011)  普通のカードの、「中華民族大家族」シリーズに戻り、その続きです。

 

 26番は、「ユイグー族」(裕固族)です。人口は1万人ほどで、主に甘粛省に居住し、ラマ教を信仰しているそうです。

190109_cri1106no26yuigu_2

 

27番は、「ロシア族」です。人口は1万人ほどで、新疆ウイグル自治区に居住し、多くはギリシャ正教を信仰しているそうです。

190109_cri1106no27russia_2

 

 28番は、「ウズベク族」です。人口は1万人ほどで、新疆ウイグル自治区に居住し、イスラム教を信仰しているそうです。

190109_cri1107no28uzubeku_2

 

 29番は、「タタール族」です。人口は5千人ほどで、新疆ウイグル自治区に居住し、イスラム教を信仰しているそうです。

190109_cri1109no29tatar

 

 30番は、「シボ族」です。主に、遼寧省、吉林省、黒竜江省、新疆ウイグル自治区に住んでいるそうです。

190109_cri1110no30sibo

 

 

2019年1月 8日 (火)

中国国際放送 ベリカード (40)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その40)です。

 

 (2010)  「上海万博」シリーズの、Eベリカードの続き(その6)で、これで最後です。

 

「タイ館」です。

190108_cri10eexpo31thai

 

「アラブ首長国連邦館」です。

190108_cri10eexpo32uae

 

「ロシア館」です。

190108_cri10eexpo33russia

 

「中国館」です。

190108_cri10eexpo34chna

 

「広西館」です。

190108_cri10eexpo35kosei

 

 (この後に続く、2010年のEベリカードは、この前の(その33・その34)で取り上げました「中華民族大家族」シリーズに戻り、20112月まで発行されました)

 

 

2019年1月 7日 (月)

中国国際放送 ベリカード (39)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その39)です。

 

 (2010)  「上海万博」シリーズの、Eベリカードの続き(その5)です。

 

「パキスタン館」です。

190107_cri1009eexpo24pakistan


 

 

「ポーランド館」です。

190107_cri1009eexpo25poland

 

「サウジアラビア館」です。

190107_cri10eexpo26saudiarabia

 

「スペイン館」です。

190107_cri10eexpo27spein

 

「新疆館」です。

190107_cri10eexpo29sinkyo

 

「スイス館」です。

190107_cri10eexpo30swiss

 

 

2019年1月 6日 (日)

中国国際放送 ベリカード (38)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その38)です。

 

 (2010)  「上海万博」シリーズの、Eベリカードの続き(その4)です。

 

「ルクセンブルグ館」です。

190106_crie10exp19lux


 

 

「マレーシア館」です。

190106_crie10exp20malaysia

 

「メキシコ館」です。

190106_cri10eexpo21mexico

 

「オランダ館」です。

190106_crie10exp22nederland

 

「ニュージーランド館」です。

190106_cri1008eexpo23nz

 

「寧夏館」です。

190106_cri1008eexpo23neika

 

 

2019年1月 5日 (土)

中国国際放送 ベリカード (37)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その37)です。

 

 (2010)  「上海万博」シリーズの、Eベリカードの続き(その3)です。

 

「フランス館」です。

190105_crie10exp13france

 

「ドイツ館」です。

190105_crie10exp14germany_2

 

「インド館」です。

190105_crie10exp15india

 

「イスラエル館」です。

190105_crie10exp16israel

 

「日本館」です。愛称は、「紫蚕島(かいこじま)」と言われていました。

190105_cri10eexpo17japan

 

「チベット館」です。

190105_cri10e18expotibet

 

チベット館は、中国政府が、チベットの民主化を世界に見せるためのプロパガンダとして設けた、という見方がありました。

 

 

 

 

2019年1月 4日 (金)

中国国際放送 ベリカード (36)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その36)です。

 

 (2010)  「上海万博」シリーズの、Eベリカードの続き(その2)です。

 

「カナダ館」です。

190104_crie10expo7canada

 

「チリ館」です。

190104_crie10expo8chili

 

「チェコ館」です。

190104_crie10expo9czeko_2


「デンマーク館」です。

190104_crie10expo10denmark

 

「フィンランド館」です。

190104_crie10expo11finland

 

「内モンゴル館」です。

190104_crie10expo12uchimongol

 

 

2019年1月 3日 (木)

中国国際放送 ベリカード (35)

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その35)です。

 

 (2010)   201051日~1031日にかけて、「上海万博(上海国際博覧会)」が開催されました。それで、Eベリカードについても、「中華民族大家族」シリーズの途中でしたが、万博シリーズが発行されました。

 

上海万博のテーマは、「より良い都市、より良い生活」(Better City Better Life)。公式マスコットは、漢字の“人”をかたどっている「海宝」(ハイバオ)で、ロゴマークは、漢字の“世”と数字の“2010”を組み合わせたものです。

 

ベリカードの多くは、パビリオンの完成予想図が使われていて、左下にロゴマーク、右下にはハイバオが描かれています。

 

「アフリカ連合館」です。

190103_cri010eexpo1africa

 

国単独ではなく、このような地域連合も参加していましたが、万博への参加国数を増やすため、と皮肉られていました。

 

「アメリカ館」です。

190103_cri10eexpo2usa

 

「オーストリア館」です。

190103_cri10eexpo3austria_2

「オーストラリア館」です。

190103_cri10eexpo4australia

 

「ベルギー館」です。

190103_crie10expo5belugie

 

「上海館」です。上海での開催なので、独立したパビリオンが設けられたのでしょう。

190103_crie10expo6shanhai

 

 

 

 

2019年1月 2日 (水)

中国国際放送 ベリカード (34)  

CRI「中国国際放送」からいただいた、ベリカード(その34)です。

 

 (2011)   Eベリカードの、「中華民族大家族」シリーズの続きで、最終です。

 

「トーロン族」(56-52)です。トウモロコシを使った食べ物を作っているようです。


190102_crie1101no52_toron


「タタール族」(56-53)です。何かの式に参加している女性です。手には、マトリョーシカを抱えています。

190102_crie1102no53tatar


 

「ホーチォ族」(56-54)です。小舟を出そうとしている男性です。川で漁をするようです。 

190102_crie1102no54hochio

 

「漢族」(56-56)です。2人の男性が、ラッパを吹いています。

190102_crie1102no56kan

 

 

2019年1月 1日 (火)

今年もよろしく

新年おめでとうございます。

 

2019年のお正月を迎えました。今日は、ベリカードの紹介はお休みです。

 

20168月に、国内局からスタートした手持ちのベリカード紹介も、あと少し。今、海外局のベリを取り上げてきていますが、あと残すは、CRIHCJBReach beyondKTWR Friendship RadioKTWR(Guam)となりました。(その後は、書いている期間中にいただいた、新しいカードを取り上げれば、完了となるでしょう)

 

当初、もうちょっと早く終わるかなと思っていましたが、チビリチビリのアップになり、ノビノビになってしまいました。(このブログの編集自由度は良いのですが、ベリ画像を多くするとレイアウトが悪くなるなど、どうも相性が良くないようで、HTMLタグもイマイチ良くわかりません)

 

そんなことですが、今年も見ていただければ、うれしく思います。引き続いて、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »