« HCJB「アンデスの声」 ベリカード (19)  | トップページ | HCJB「アンデスの声」 ベリカード (22)  »

2019年4月15日 (月)

HCJB「アンデスの声」 ベリカード (20) 

HCJB「アンデスの声」日本語放送を聴いていただいた、ベリカード(その20) です。

(1980年)   この年は、「コロニア(ル)建築」シリーズです。エクアドルの各都市に残っている、スペイン植民地時代の建築物を紹介しています。

 

南西部の山間にある小さな町、「サルマ(Zaruma)の風景」です。

190415-hcjb80zaruma

町の中心地区にある2階建て木造建物で、マホガニーより強いグアヤカンという木で造られているようです。サルマは、鉱山開発とともに開けた標高1,500mに位置する町で、このあたりで生産されるコーヒーが、エクアドルでは有名のようです。

 

中南部にある、「クエンカ(Cuenca)の花市場の様子」です。教会前の広場で開催されているようです。

190415-hcjb80cuenca

標高約2,500mにあるこの町は、スペイン植民地時代の雰囲気を醸し出していて、よく保存されているため、ユネスコの世界遺産になっています。

 

首都キトーにある、「教会の入り口」の写真です。

190415-hcjb80quitochurch

建物のファサード(正面)は、ソロモン様式の螺旋状の柱の彫刻がすごいです。たぶん、「ラ・コンパーニア聖堂」ではと思われます。イエズス会の聖堂で、イタリア・バロックとスペイン・バロックの様式が混じりあい、内部は装飾に金箔が施されていることで有名です。

 

多くの観葉植物が植えられている、「サルマにある建物のバルコニー」の写真です。

190415-hcjb80zurumabalcony

花に水をやっているのは、顔がよく見えていませんが、1979年ミス・サルマに選ばれたサンドラ・リトゥーマ嬢のようです。

 

太平洋岸に面する港湾都市・グアヤキルの、「サンタ・アナの丘周辺にある建物の装飾的な窓」です。

190415-hcjb80santaanna

 

キトーのダウンタウンにある、「サン・フランシスコの名前がついた、建物(教会?)の中庭」の写真です。

190415-hcjb8quitogarden

キトーは、1534年、インカ帝国を滅ぼしたスペイン人・フランシスコ・ピサロにより、「サン・フランシスコ・デ・キトー」と名づけられ、その後、300年にわたり、スペイン植民地として支配されました。

 

 

 

 

 

« HCJB「アンデスの声」 ベリカード (19)  | トップページ | HCJB「アンデスの声」 ベリカード (22)  »

海外局(アメリカ)カード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HCJB「アンデスの声」 ベリカード (19)  | トップページ | HCJB「アンデスの声」 ベリカード (22)  »